ホーム > 2019 > 11月 > 18

秋晴れに恵まれた今年の「楓祭」に
同窓会も恒例の豚汁店を出させていただきました。


朝は寒かったものの、日中はポカポカ陽気。


汁物は…と思いましたが、そこは匂いに誘われて
お客さんが集まりだすと、
学生さんたちも仲間と一緒にいらしてくださいました。


「去年も食べました」と言うお声や、
「毎年、食べています」と言うお声も聞けて、
嬉しい限りです。


おっと、柴田学長がとん汁を!!
今から昼食でしょうか。
学生のブースでも何か購入されたようです。
ありがとうございます。

愛情込めて仕込んだ100杯の豚汁は、
お昼の時間に完売。
学長の柴田敏先生や、顔見知りの事務の皆様も
いらしてくださり、
“同窓会伝統の味”を堪能いただけたかなと思っています。

大学卒・会長の安田成希は学生さんたちとの
触れ合いを大切にしています。

豚汁販売の合間を縫って、ボランティアセンターの
学生を激励する安田会長。


続いて軽音サークルを激励!

年々歳は離れていきますがそこを埋めるべく、
サークルや学内外で活躍している学生を
支援することに力を入れています。


ステージでは学生のみなさんの日頃の成果が。



大学祭で学生さんたちと直に触れ合える、
こんないい機会はありませんね。
すべては神様のお導き、
同窓会のメンバーも感謝しております。


出店のお世話をしてくださった学友会の皆様、
許可くださった事務の方、
一緒に出店くださった中高同窓会の皆様に
心より御礼申し上げます。